まちあるき・自転車ツアー・社寺ガイド

大津に鉄道がやってきた頃

2,000円(税込)

シェアする

JR大津駅周辺は、実は鉄道史跡の宝庫。明治13年(1880) 、日本人技師のみで初めて施工、開通させた「旧逢坂山トンネル」をはじめ、一帯には明治・大正期の鉄道土木技術をしめす痕跡がいくつも残っています。
2016年10月1日にリニューアルしたJR大津駅を探索して昔の大津駅の痕跡を見つけたあと、旧逢坂山トンネルをはじめ、明治・大正期に使用された大津-京都間の線路跡を散策してみましょう。

プログラム案内人

おやじのたまり場

大津市の中心市街地は、江戸時代から現代までの魅力的な資産が数多く点在し、地元では「大津百町」とも呼ばれています。私たちは、歴史・文化・人・店・町並み等の物語をおもてなしの心によるガイドツアー形式でお伝えしています。

大津駅観光案内所前

国道1号

ねじりまんぽ

旧東海道線の橋台

旧逢坂山トンネル東口

旧上関寺駅

関蝉丸神社下社の踏切

京阪電車の跨線橋

大津駅観光案内所前

今回のまちあるき訪問スポット

プログラム詳細

実施日
2019/10/20(日)
実施時間
10:00〜(所要時間120分)
予約終了
実施日の3日前までに予約、定員になり次第締め切ります。
参加料金(税込)
2,000円/お一人様

集合場所・集合時間

集合場所
〒520-0055 大津市春日町1-3 ビエラ大津
大津駅観光案内所前
集合時間
10:00

お申込み/お問合せ/主催者情報

主催者情報
(株)まちづくり大津 まちなかガイド推進委員会
お申込み方法
下記のお問合せ先(TEL/FAX/メール/外部サイト)よりお申込みください。
受付時間
平日 9:00~17:00
お問合せ先

このプログラムのタグ