まちあるき・自転車ツアー・社寺ガイド

「小関越えの道」と「琵琶湖疏水」を巡る

1200円(税込)

シェアする

琵琶湖疏水は、明治維新以降停滞していた京都の産業を活性化するために、琵琶湖から水路を整備して水運・灌漑・水車動力などを得る大土木事業として、明治18年(1885年)から5年の歳月をかけて築かれました。このツアーでは、琵琶湖の取水口から山科の安祥寺川と第1・第2疏水の交差までを、東海道と北国海道を結ぶ間道として利用された小関越えの道により辿ります。

受付終了しました

プログラム案内人

まちなかガイド推進委員会メンバー

まちなかガイド推進委員会メンバー

大津市の中心市街地は、江戸時代から現代までの魅力的な資産が数多く点在し、地元では「大津百町」とも呼ばれています。私たちは、歴史・文化・人・店・町並み等の物語をおもてなしの心によるガイドツアー形式でお伝えしています。

京阪びわ湖浜大津駅

第一・第二疏水取水口 疎水揚水機場

大津閘門・制水門

第一トンネル洞門

小関越え-小関峠(喜一堂)

第一立坑-寂光寺(拝観)

第一トンネル西口洞門・緊急遮断ゲート

四宮船溜り

第二疏水構造物 諸羽疏水公園

安祥寺川と第一・第二疏水の交差→JR山科駅

今回のまちあるき訪問スポット

プログラム詳細

実施日
2018/10/14(日)
実施時間
13:00~16:00(約3時間)
予約終了
3日前までに予約
参加料金(税込)
1200円 ※拝観料、保険料含む
定員人数
30人(最少催行人数25人)

集合場所・集合時間

集合場所
〒520-0047 大津市浜大津1丁目3番8号
京阪びわ湖浜大津駅
集合時間
13:00

お申込み/お問合せ/主催者情報

主催者情報
㈱まちづくり大津
お申込み方法
下記のお問合せ先(TEL/FAX/メール)よりお申込みください。
受付時間
平日9:00~17:00
お問合せ先

受付終了しました

このプログラムのタグ