大津祭・船幸祭・山王祭 大津三大祭を受け継ぐ3社を巡る

大津三大祭
シェアする

滋賀県大津市には、季節を彩る美しい祭が三つあります。
桜から新緑へと美しい季節の移ろいが見られる坂本を舞台に、山王総本宮・日吉大社の例祭として開催される「山王祭(さんのうさい)」。
水面に映える船団の灯りと花火が夏の夜を幻想的に彩る、近江一の宮建部大社(たけべたいしゃ)の「船幸祭(せんこうさい)」。
“コンチキチン”の祭囃子が秋の空気に心地よく響き、見事なからくりが見どころの一つとなっている天孫神社(てんそんじんじゃ)の祭礼「大津祭(おおつまつり)」。
大津祭で盛り上がるまちを中心に、三大祭を受け継ぐ3社を巡り、伝統の祭りを体感してください!

ツアー内容

スケジュール
【一日目】市内宿泊
16:00〜17:00
建部大社参拝(船幸祭神輿が展示されている宝物殿拝観)
18:00~20:00
大津祭宵宮観覧(天孫神社参拝、町家2階での見学を含むガイドツアー)
20:30~22:30
夕食(あゆら)
【二日目】
9:00~12:00
大津祭本祭観覧(二階家見学)
13:00~14:00
ランチ(鶴喜そば)
14:30~16:00
日吉大社参拝(山王祭の例祭開催場所等見学)
概算予算
大人1人 約19,500円~(宿泊費約10,000円~を含む)

ルートガイド

一日目は、建部大社を参拝後、大津祭宵宮をゆっくり観覧したあと大津市内で宿泊。二日目は、大津祭本祭の二階家観覧後、本家 鶴喜そばを堪能、日吉大社で参拝します。

ルートガイド

建部大社参拝

船幸祭

この社は、近江一の宮といわれ、長い歴史と由緒を持つ全国屈指の古社です。古くから歴代朝廷の尊信が篤く、また武将たちの崇敬も深く集めました。毎年8月17日行われる船幸祭(せんこうさい)は、日本武尊(やまとたけるのみこと)の海路東征に由来する建部大社(たけべたいしゃ)の夏祭りで、御座船に乗せられた大小の神輿が瀬田川を渡御し、祭のクライマックスは花火で彩られます。
境内の宝物殿には、船幸祭の神輿が安置されており、事前予約で見学が可能です。(元旦のみ終日無料公開)

建部大社(船幸祭について) 建部大社(宝物殿拝観について/建部大社参拝無料、宝物殿見学200 円)

大津祭・宵宮 観覧

湖国の秋を彩る大津祭は、天孫(てんそん)神社の例祭で、豪華で高い文化水準だった町衆文化を、400年以上も伝え続けています。一流の細工師たちが手掛けた巧妙で精緻なからくり人形は特に注目。本祭では曳山の上に乗るからくりも、宵宮では町家に飾られ、間近でじっくりと見られます。提灯の灯りとお囃子の音色で、幻想的な夜が楽しめます。

大津祭 長柄衆が案内する大津祭宵宮 湯立山・会所での特別見学とお茶席のおもてなし(3,000円) 学芸員と巡る!! 大津祭宵宮 まち散歩(2000円)

滋賀の食と地酒が揃う居酒屋(あゆら)

あゆら

古い町並みを残す情緒ある旧東海道。「あゆら」はそんな風景にひっそりと佇む、古民家を改装した居酒屋です。滋賀の玄関口「大津」には観光や出張で来られる方も多く、「近江牛」や「ふなずし」など地元の名産品や、水質にも恵まれた滋賀の旨い地酒が多数揃っています。

あゆら

大津祭・本祭 観覧

大津祭

本祭では、豪華絢爛な13基の曳山が太鼓や笛、鉦の音で奏でるお囃子に合わせて、大津市内を1日かけて巡行します。巡行中の曳山の上から、厄除けぎまきや手拭いが撒かれ、各所でからくりが披露されます。巡行前とお昼過ぎに、13基の曳山が並ぶ景色は圧巻!京阪の路面電車と曳山が並走する景色も、大津祭でしか見られない貴重な光景です!

大津祭 はじめて観る二階家からの大津祭・本祭巡行(2,000円)

「本家 鶴喜そば」で昼食

本家 鶴喜そば

大津祭の賑わいを堪能した後は、京阪電車で16分程の、坂本のまちでクールダウン。比叡山延暦寺の門前町として栄えた坂本の地で、享保元年に初代鶴屋喜八が創業して以来、300年もの間、こだわりの手打ち蕎麦を打ち続けてきた「本家 鶴喜そば」。
基本は蕎麦粉8割、小麦粉2割ですが、その日の気温や湿度、そば粉の状態や産地によって、水の量やつなぎの配分を微妙に調整しています。

本家 鶴喜そば(ざるそば 950円等)

日吉大社参拝

山王祭

日吉大社は、およそ2100年前に創祀された、全国3800余の日吉・日枝・山王神社の総本宮です。平安京遷都の際には、この地が都の表鬼門(北東)にあたることから、都の魔除・災難除を祈る社として、また伝教大師が比叡山に延暦寺を開かれてよりは天台宗の護法神として多くの方から崇敬を受け、今日に至っています。
大津三大祭の一つ、山王祭は、桓武天皇が日吉社に2基の神輿をご寄進されて以来1200年以上の歴史を有する、日吉大社の例祭。桜満開の中、7基の神輿が登場し、湖国三大祭にふさわしい勇壮な神事が行われます。
10日前までにお申し込みすれば、坂本観光ボランティアガイドに案内してもらうこともできます。

日吉大社(山王祭について/入苑協賛料 大人300円) 坂本観光ボランティアガイド(ガイド交通費として1名につき1,000円)

モデルコースをちょっとアレンジ

上記でご紹介したルートのエリアには、滋賀を存分に楽しめるスポットがあります。是非立ち寄ってみてください。

ルートガイド

ルートガイド

大津祭曳山展示館

大津祭曳山展示館

大津祭の開催日以外にお越しの際は、大津祭曳山展示館がおすすめです。館内では原寸大の曳山模型を中心に、町並みの様子を再現。お囃子の音響、照明、スライド投影により、お祭りムードが味わえるようになっています。また大津祭の特徴の一つであるからくりなども映像によって提供しています。

大津祭曳山展示館(入館無料)

大津祭を育てた、町衆文化を受け継ぐ老舗店巡りも合わせてどうぞ。

大津絵の店 歴史を受け継ぐ老舗店を巡る!大津百町の老舗店探訪

①〜⑦までが体験できるスポットはこちら

上記のエリア・ルートをGoogleMapでも確認できます。